ハンニバル・羊たちの沈黙|見る順番は?全シリーズ公開順・時系列順とあらすじ紹介!

1991年に公開され大ヒットを呼んだ映画「羊たちの沈黙」を始め、映画全4作品構成「ハンニバル」シリーズ

映画以外に実はドラマ版も制作されており、映画とドラマ版を合わせると計5作品にもなります。

映画計4作品の公開順と作品時系列がバラバラになっており、どの順番に見たらいいのか分らない方も多いのではないでしょうか?

今回は「ハンニバル」シリーズを全力で楽しみたいあなたのために、オススメの見る順番を紹介していきます。

「ハンニバル」シリーズとは

「ハンニバル」シリーズはトマス・ハリスの同名小説を原作につくられたサイコスリラー映画です。

全作品の中でも最も有名な「羊たちの沈黙」は第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞した名作映画

「ハンニバル」とは本作に登場する猟奇殺人犯のハンニバル・レクターのことを指しており、

独特な言い回しや優雅な立ち振る舞いのハンニバル・レクターだが、殺害した人間の臓器を食べる異常な行為から「人食いハンニバル」と呼ばれる、

ハンニバル・レクターは唯一全作通して登場する、非常に重要な人物である。

全作品を通してハンニバル・レクターを軸に物語が進められている。

オススメの見る順番解説

公開日と時系列がバラバラなため、公開日順に見るべきか時系列順に見るべきか迷ってしまいますよね?

作品を十分に楽しむために、あなたに合った順番で視聴しましょう!

1.オススメは公開順に見るべき!

やはり、公開順通りに見るのが一番シリーズを楽しむことができるのではないかと思います。

特に、初めて「ハンニバル」シリーズを見る方なら尚更まずは公開順から見ていくのがオススメです。

公開順
  1. 「羊たちの沈黙」1991年公開
  2. 「ハンニバル」2001年公開
  3. 「レッド・ドラゴン」2003年公開
  4. 「ハンニバル・ライジング」2007年公開
  5. ドラマ版「ハンニバル」全3シーズン39話(2013年 – 2015年 公開)

上記が公開された順番になります。

時系列はバラバラですが、シリーズの中でも最も人気の高い「羊たちの沈黙」から見始める流れが一番良いかと思います。

ただ、ドラマ版「ハンニバル」は原作とは異なる話になり、物語の設定など共通点はあるものの、映画と繋がりはない別の物語になるため、

4作品映画を楽しんだ後、もっと「ハンニバル」シリーズを見たい!と思った方にオススメです。

>>>>無料で第1作「羊たちの沈黙」を見る方法はこちらをクリック!!

2.マニアなら時系列順に見るのがオススメです!

公開順の視聴はもう一度「ハンニバル」シリーズを見返したい!そんなあなたにオススメです。

時系列順に追っていくことで、公開順とは違ったストーリーの楽しみ方ができます!

時系列順
  1. 「ハンニバル・ライジング」…1944~1952年
  2. 「レッド・ドラゴン」…1980~1983年
  3. 「羊たちの沈黙」…1991年
  4. 「ハンニバル」…2001年

ドラマ版「ハンニバル」全3シーズン39話

ドラマ版は原作とは異なり物語の時系列は2013年時点の現代に置き換えられ、ハンニバルの生い立ちが根本から異なる。

「ハンニバル・ライジング」ではハンニバルレクターの幼少期から青年期までが描かれており、時系列順に視聴することで、ハンニバルレクターの生い立ちを順序立てて追うことができる

「ハンニバル」シリーズ各作品あらすじ紹介

第1作目「羊たちの沈黙」(1991年公開)

あらすじ
FBIの訓練生・クラリスは、女性を誘拐して皮を剥ぐ連続殺人鬼の捜査に加わることに。彼女の任務は獄中の天才精神科医・レクター博士の協力を得ることだった。クラリスは自分の過去を語ることと引き換えに、レクターから事件の手掛かりを聞き出すが…。

筆者
世にハンニバル・ドクターの名が一気に知れ渡った、名作中の名作!!

第2作目「ハンニバル」(2001年公開)

あらすじ
あの事件から10年、FBI特別捜査官のクラリスは麻薬捜査で売人を射殺、マスコミから厳しい非難を浴びていた。それを知った大富豪のメイスンは、クラリスを再びレクター捜査に復帰させるべく画策する。一方、脱獄したレクターはフィレンツェに潜伏していて…。

筆者
なんと猟奇的なシーンが多く、日本公開時にR-15指定された問題作!

第3作目 「レッド・ドラゴン」(2002年公開)

あらすじ
ハンニバル・レクター博士を命懸けで逮捕したものの、精根尽き果ててFBIを退職したウィル・グレアム。ある日彼の下に、かつての上司が新たな連続殺人事件の捜査協力を求めて訪ねて来る。懇願に負けて承諾したグレアムは、現場のアトランタへ飛ぶが…。

第4作目「ハンニバル・ライジング」(2007年公開)

あらすじ
1952年のリトアニア。戦争で家族と死に別れ、記憶の一部を失ったハンニバル・レクターは、叔父の住むパリへ逃亡。そこで彼は美しい日本人女性と出会うが、ある日、彼女が市場で侮辱されたことを機に、レクターの狂気が目覚めてしまう。

筆者
若き頃のレクターが描かれた作品!恐怖のハンニバル・レクター誕生物語

 

ドラマ版 「ハンニバル」 (2013~2015年)

本作は原作の登場人物を引き継いで作られた、オリジナルストーリー。

1シリーズ各13話で作られた長編作品になります。

シーズン1 あらすじ
連続殺人事件を捜査するFBI捜査官のジャックは、天才プロファイラーのウィルに協力を要請する。だがその一方で、犯人に共感し、犯行を脳内で再構築できるウィルの特殊能力に危うさを覚え、精神科医、ハンニバル・レクターに協力を依頼するが…。
シーズン2 あらすじ
ハンニバル・レクターが犯した殺人の罪を着せられ、精神病院に収容されたウィル。ハンニバルの正体を知ったウィルは、自分の無実を周囲の人々に信じてもらうための戦いに直面する。だが一方で、ジャックは彼に疑念を抱き始め、ハンニバルを頼ることに…。
シーズン3 あらすじ
ウィルたちFBIと連続殺人鬼・ハンニバルが繰り広げた死闘。勝利したハンニバルは、精神科医・ベデリアを連れてヨーロッパへと旅立った。数カ月後、フィレンツェで殺害した人物になりすまし、ローマン・フェル博士としてカッポーニ宮で働き始めるのだが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。